Windows10にGX Developerをインストールする

公開日: 2016年6月22日水曜日

概要

公式では現状対応してないWindows10にGX Developerをインストールする。

はじめに

公式では対応を表明していないので、インストールできても使用時に不具合が起きたら対応できません。それを考慮の上実行のこと。Win8で動くならよっぽど大丈夫だと思うが。

準備

  • .Net Framework 3.5の有効化
    • 以下のページを参考のこと。→外部サイト
      • コンパネのアプリの追加と削除でできるが、Window Update必須。つまりネット回線に接続しないと有効にできない。フルインストーラーをダウンロードして実行してもWU必須。うんち。
    • ネットに繋げないPCの場合は以下を参考のこと→外部サイト
      • 簡単に言うと、
        1. Win10のISOダウンロード(公式よりISOを直接落とせる)
        2. ISOファイルを標準機能の仮想ドライブにマウント
        3. コマンド実行
  • PCを再起動直後の状態にする
    • 不要なソフトを起動させないため。

インストール方法(アップデート版でもこの方法)

  1. GX Developerのsetup.exeを起動
  2. 十中八九、読み込みはしてるがすぐに無反応になる。この状態でタスクマネージャーを起動(Ctrl+Shift+Esc)
  3. 「パフォーマンス」タブ→「リソースモニタを開く」(ウィンドの下のほう)
  4. CPUの欄から「setup.exe」を探し右クリック、「待機チェーンの分析」を実行
  5. 引っかかってる原因のプロセスがわかるので、タスクマネージャーから対象のプロセスを殺す(タスクの終了)。
  6. インストーラーが進めば完了。

雑記

ちなみに僕の環境ではOnedriveプロセスが邪魔をしていたのでタスクの終了をかけたらインストールできました。Onedriveプロセスを殺してもすぐに復帰しますが、問題ありませんでした。
  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

0 件のコメント :

コメントを投稿